MENU CLOSE

VOICE

Do you enjoy it today? Various events happen every day in our shop. Here, various events such as newly arrived product information, recommended information from staff, introduction of nearby shops, etc. are written. Please check it out!

2014AW ニューレーベル comm.arch(コムアーチ)新入荷。

週末は20度以下に気温が下がる予想らしいですね。


そろそろ、ニットやウール物をお探しの方もおられるのではないでしょうか?


そんなグッドタイミングで今期より取扱いを開始するニューレーベルが到着しました。








comm.arch(コムアーチ)・・・・・・

comm. arch = communication architecture =Komachi(小町)



2014AWからスタートしたニットウェアブランド。
Joe Mcのディレクションにより、日本各地の”BORN KNITTERS”(生まれながらのニッター)の手で
コレクションが作られている。


日本国内紡績の糸を厳選し、現存する貴重なニットデザイナーや職人の連携(communication)により
ニットウェア(architecture)が製作されている。とにかく、素材、作り、プロセスにこだわり、
全てが”Fully Fashioned”された、心地よく長く着られるニットウェアを作っている。
comm.arch.のニットウェアコレクションは、いわば日本の”BORN KNITTERS”の集大成ともいえる。






デザイナーはJoe Mc・・・・・・


Joe Mc は2007年にロンドンのセントラル・セントマーチンズ美術大学 テキスタイル科ニット専攻を首席卒業。
ジョン・ガリアーノのオファーを受け、パリにて「ジョン・ガリアーノ」「クリスチャン・ディオール」の
2ブランドでニットウェアデザインを担当。

2009年に日本へ帰国し、大手アパレルやデザイナーのもとでニットウェアデザイナーとして経験を積む。
また、インポートブランドの代理店にて企画、バイイング、セールスなども経験。

2014AWからメンズニットウェアブランド「comm.arch」と「H. ROBINSON KNITTING」をスタート。
ニットウェアに特化することにより、まだ見いだされていないニットウェアの可能性を国内外に発信している。






昨今ニットの生産はコンピューターによる柄出しがメインとなっている中で、このブランドはデザイナー自らの手で

編んで柄出ししてサンプル製作するなど近年稀に見るモノ作りの真髄が感じられるもの作りをされています。


その拘りは様々な編みを組み合わせたり、ローゲージの重量感を払拭する為に通常はハイゲージ用に使用される

繊細な細番手の毛糸で編みたてる事でこれまでにない驚きの軽さを実現させたり、日本では希少な手編み職人と

協業或いはニットの本場イギリス国内の紡績工場がもつ旧式の希少な編み機を使いイギリス生産するなど、

古き良きもの作りとデザイナーの持つ類稀なるセンスによってニットの新しい分野を開拓されています。




ちょっとした事ですが、袖口のリブを折り返しても表面と殆ど変わらない繋ぎ目の仕様になっているほど、繊細なセンスを

感じさせてくれます。


是非、手にとって、その良さを感じて頂きたいブランドです。


では、画像で御紹介させて頂きます。


BI COLOUR WITH POCKET(GARNET / ULTRAMRINE)
バイカラー ウィズ ポケット(ガーネット/ウルトラマリン)









BI COLOUR WITH POCKET(GRAPEVINE / VOLCANIC ASH)
バイカラー ウィズ ポケット(グレープヴァイン / ヴォルカニックアッシュ)









SALVAGE GARDEN P/O(tokyo night)
サルヴェージ ガーデン プルオーバー(トーキョーナイト)































通販も承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。














CATEGORY

© 2020 VELISTA