MENU CLOSE

VOICE

Do you enjoy it today? Various events happen every day in our shop. Here, various events such as newly arrived product information, recommended information from staff, introduction of nearby shops, etc. are written. Please check it out!

【pero】拘りを超えた、やりすぎ!!超絶技巧ハンドメイド服

 

[pero]

 

 

当店も、7周年を向かえ、様々な拘りあるブランドと出会ってきました。

 

しかし、ここまでの拘り。いえ、拘りを超えた、やりすぎな作りはなかったでしょう。

 

 

全てのアイテムは、ハンドメイドで仕上げられ、しかも、そのハンドメイドのクオリティは超絶技巧と言わざるを得ず、「やりすぎ」感さえもあります。

 

 

pero_u-mps-cchbn_150930_9

 

 

こちらのシャツは、身頃、袖、ヨーク、脇線に至るまで、隙間が開いたまま、ハンドで繋がれています。

 

多少なりと、私も洋服のつくりを学び、知っているつもりでしたが、「どうなっているのかわからない」

それほどまでのクオリティ。

 

 

ここまでの、技巧を見せ付けながらも、[pero]の赤の刺繍がなんとも、アーティスティックな印象を醸し出しています。

 

 

変態臭を漂わせる技巧に、一滴だけポップさを垂らしたような刺繍の佇まいは、ヤン・シュヴァンクマイエルの、それを思わせます。

 

 

 

art_150930

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着こなしは、下の画像のように、ざっくりとボタンをあけてしまい、[pero]の持つ、フェロモンを全快にして着こなしていただくのがいいでしょう。

 

 

「やりすぎ」と、ご紹介させていただく程の作りですが、着こなしは、どんなスタイルにも取り入れやすく、他を拒絶する「やりすぎ」にはなっていない事が、独り善がりではなくて、いいんです。

 

お勧めするなら、ストンと裾まで落ちたような、ワイドめのパンツがお勧めです。

 

 

 

pero_u-mps-cchbn_150930_1

 

 

 pero_u-mps-cchbn_150930_5

 

 

生地の表情は、Bergfabel 、ハンドメイドの作りとしては、Paul Harnden。

引き合いに出されるなら、こういったブランドになるのかもしれませんが、peroは、有名どころの、両ブランドとも違った切り口で、購買意欲を掻き立ててきます。

 

Bergfabelはポプリが、付属していて、五感の嗅覚にも訴えかけてくる。

 

 

Paul Harndenは、職人臭を漂わせ、深く知りたいという好奇心に訴えかけてくる。

 

そんなイメージです。

 

 

 

peroは、あえて表現するならば、内臓の感覚にまで、訴えかけてくる。

心を震わせるイメージです。

 

 

是非、心を震わせるハンドメイド服を、ご覧になって下さい。 

 

「pero] ←をクリック頂けますと、商品ラインナップをご覧頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通販も承っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

CATEGORY

© 2021 VELISTA