MENU CLOSE

VOICE

Do you enjoy it today? Various events happen every day in our shop. Here, various events such as newly arrived product information, recommended information from staff, introduction of nearby shops, etc. are written. Please check it out!

【forme】本当に拘った革靴=道具?formeの持つ魅力とは?

 

【forme】

 

「噂のformeはこれですか?」「formeをオンラインページで見ました!」「formeの靴、是非一度試着させて頂きたいです!」

ここ最近になって、電話でのお問合せやご来店頂いたお客様から、formeについてのお声を多く頂きます。

ご来店頂くお客様が「forme」に注目していらっしゃる。ということは、このVoiceをご覧頂いているお客様も気になられている方が多いのではないか?

ということで、今回入荷致しましたモデルを中心にご紹介させて頂きます。

forme(フォルメ)とは

独自の木型開発と、設計革本来の質感が良くわかる植物染料による染めやベジタブルタンニングによる革を用いた、繊細な物作りをしているブランドです。ヨーロッパにおいて靴の大量生産(メーカー化) が行われる前の当時ではあたり前としてあった技術 (木型、製法、染色)を用いて靴作りをしています。

blucher 5 hole goodyear (black calf)

forme_fm-408blc_151102_2_v

forme_fm-408blc_151102_1_v

カーフ革のブラッチャー式(外羽根式)のシューズです。

見て下さい。非常に美しい光沢です。上品で落ち着きを感じます。

 

見て頂く通り、非常に完成されたフォルムです。

ベジタブルタンニンなめしされた革に、歩くたびに心地よい音を立てるレザーソール。

程よいカジュアルさを持った革靴ですので、デニムとの相性も非常に良いです。

blucher 5 hole goodyear (suede navy) 

forme_fm-408snvy_151102_2_v

forme_fm-408snvy_151102_1_v

こちらの革靴の特徴は、なんといってもネイビースエードです。

上品さの残った深いネイビーが特徴的です。
このforme(フォルメ)のスエードは、実は創業1904年の英国の老舗タンナー、チャールズ・F,ステッド社のものを採用しています。110年以上の歴史を持つスエードの老舗です。本物志向ですね。

blucher 5 hole goodyear (black lamb)

forme_fm-408_151102_2_v

forme_fm-408_151102_1_v

そして最後はこちら。ラムレザーです。

革靴好きが行き着く先はラムレザー。と言われるほど、ラムレザーには本当に上品な雰囲気があります。

forme_fm-408_151102_3_vこのシボのキメの細かさをご覧下さい。

シボのキメ細やかさ、手触りの良さ、馴染みの良さ、この3点がラムレザーの代表的な特徴です。

他の革では表現できない上品な風合いです。美しいです。

今回は3点、ご紹介いたしました。

その他にもシャンク部やソールのディティール、まだまだご紹介したいことが沢山御座います。

本当に素晴らしい拘りと手間がかかりまくっています。

これらの革靴、グッドイヤー製法なんですが実は……。

その先が気になる方は、商品名、もしくは画像をクリックしてください。

formeの真の魅力を感じて頂けます。

 

 

 

最後に、formeからのメッセージを。

1900〜 ヨーロッパにおいて、革靴をあつらえる事すら出来なかった労働者階級の人々は、履きつぶされた革靴や余り革をどこからか集めては 切ったり、かしめたりを繰り返し自分だけの生活に見合った靴を作っていた時代がありました。
それらは装飾性などにはかけるものの、遊び心に溢れ、無骨でいて愛嬌があり、革という素材を極限まで生かそうとした、まさに現代では見る事の出来ない革本来の本質、あり方を考えさせてくれるものでした。
その時代では当たり前であったであろう靴はファッションの一部である前に、生活に根ざした「道具」であるという事。

そこから必然的に生まれてくるデザイン、作りの確かさをベースに「forme」としての現代的解釈を交えた靴を提案し続けていけたらと思います。 「forme」より

 

 

 

 

 

 




通販も承っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

CATEGORY

© 2021 VELISTA