MENU CLOSE

VOICE

Do you enjoy it today? Various events happen every day in our shop. Here, various events such as newly arrived product information, recommended information from staff, introduction of nearby shops, etc. are written. Please check it out!

【pero】作り手の表情が浮かぶハンドメイドシャツ

 

 

 

【pero(ペロ)】

 

 

本日は、終日、雨模様ですね。

沖縄地方では早くも梅雨入りといったニュースが流れていました。

 

好き嫌いはございますが、個人的に雨のしっとりした情景は心が落ち着きます。

ゴールデンウィーク明けの仕事始めには、丁度いいくらいなのではないでしょうか?

 

日常の慌しさに、ゆっくりと身体を慣らしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、VELISTAが皆様に発信していきたい企画の一貫として、モノづくりの現場にスタッフが足を運び、見学をさせて頂きました。

そこで感じたものは、一枚のお洋服が皆様の手元に届くまでに、沢山の人が関っているということです。

 

自分たちが着ているお洋服の縫製やディテール、生地など、どこに着目しても、企画から生産、販売といった工程の中に、高い技術力を駆使した、まさに職人の技の結晶が詰まっていることを改めて感じました。

 

 

先日のperoというブランドのご紹介をさせて頂いた際に、「ミニマリズム」の先には「アルチザン」が注目されているというお話を致しましたが、まさにperoのシャツは究極の職人技を感じて頂けるモノではないでしょうか?

 

 

 

ハンドメイドと言葉では簡単に言えますが、peroのシャツを事細かにご覧頂くと、その職人の技術力に驚かされます。

 

また、縫い上げている職人さんの姿を思い浮かべてみると、そこには想像できないレベルの努力や技術、そして時間と手間が掛かっているのは間違いなく伝わってきます。

 

 

 

それでは、数あるperoのラインナップから、いくつかご紹介させて頂きます。

 

今回ご紹介するシャツは、いずれも着丈がベーシックなものですので、皆様のお手持ちのお洋服に取り入れて頂きやすいかと思います。

もちろん、女性の方にも、少しゆったりめで着て頂くスタイルにオススメです。

※画像をクリックして頂くと商品詳細ページに移動します。

 

 

 

 

 

 

 

・bd-mps-sh19

 stripe shirt with embroidery detailing on the back (white light blue stripe)

 ストライプシャツウィズエンブロイデリーディテイリングオンザバック (ホワイトライトブルーストライプ)

pero_bd-mps-sh19_160509_v

 

ホワイトとライトブルーのストライプは、これからの季節に間違いなく活躍する色使いではないでしょうか?

身頃、袖、ヨークなど至るところが手縫いで繋がれ、後ろ身頃にはストライプのピッチが異なった生地、そして、細かな刺繍が散りばめられています。

単調なストライプの表情ではなく、統一された色の中に、異なる表情が浮かび上がってくる一枚です。

 

 

 

 

・bd-mps-sh01

 white stripe shirt with pin tucks and thread embroidery detailing (white stripe)

 ホワイトストライプシャツウィズピンタックス&スレッドエンブロイデリーディテイリング (ホワイトストライプ)

pero_bd-mps-sh01_160509_v

 

細やかなピンタックから繊細さが伺えます。

ピンタックの端からは地のストライプがランダムに垣間見え、この部分だけでもまじまじと見入ってしまいます。

また、袖の繋ぎ目は左右で異なっているだけでなく、生地の向きを逆転して使用しています。

繊細さに加えて、さり気ないギミックが効いた一枚です。

 

 

 

 

bd-mps-sh13

shirt with embroidery detailing (indigo)

シャツウィズエンブロイデリーディテイリング  (インディゴ)

pero_bd-mps-sh13_160509_v

 

シャツの至るところに施された刺繍が堪らない愛らしさを醸し出しており、一つ一つ丁寧に縫いこまれた刺繍からはハンドメイドの温かさが伝わってきます。

また、インディゴのシャツと言えば、やはり経年変化でしょう。

長く使うことで、表情が変わり、飽きの来ない一枚です。

 

 

 

またこちらをクリック頂ければ「pero」のラインナップを、ご確認頂けますので、是非、御覧下さいませ。

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

ハンドメイドから生まれる軽やかさは別格です。

実際に手に取り、触れてみて、袖を通してみて頂けると、驚きと同時に良さを感じて頂けるはずです。

 

 

 

そして、合わせて頂くパンツには、VELISTAのOPENING SLACKSがオススメです。

※画像をクリックして頂くと商品詳細ページに移動します。

 

 

velista_vlst-p01_160509_v

 

VELISTAが初めてモノづくりに携わったOPENING SLACKS。

 

沢山の方のプロフェッショナルから生まれました。

手仕事を盛り込んだOPENING SLACKSは、アルチザンの流れに通ずるアイテムです。

 

 

peroのシャツとの相性はとても良く、オーバーサイズの提案は様々なブランドの主流になりつつありますが、アルチザンの流れを汲んだperoとの組み合わせは、一味も二味も違うご提案です。

 

 

peroのシャツとのコーディネートのイメージを広げてみませんか?

 

 

是非、店頭にてお試し下さい。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

また、今月もお得なポイント2倍のキャンペーンを行っておりますので、是非、ご利用くださいませ。

 

 

 

 

fb_iine

 

 

 

 

 

 

 

CATEGORY

© 2021 VELISTA