MENU CLOSE

【VINTAGE fair】今回はAMECASI(アメカジ)

定期的に、でも不定期で開催しているヴィンテージフェア。

今回は6月26日、27日の2日間限定で開催します。

元々、古着屋からスタートしたのでセレクトしているブランドの商品との組み合わせは手慣れたものです。
今年の1月に開催したバーバリーのコートを中心に開催したフェアから、ヨーロッパヴィンテージやビッグメゾン系(エルメスやロエベなど)を中心にピックアップした内容を重ねて来ましたが、今回はアメカジを中心にピックアップ。

そして今回はVELISTA(ヴェリスタ)が買い付けたものではなく、当店のEC(オンラインストア)を中心に活躍頂いています女性ワーカーの大江さんに協力頂きました。

実は大江さん、御自身で古着中心のオンラインストアを運営されています。
アパレル業界を11年渡り歩いで来られた経歴の持ち主です。
キャリアのスタートはスタイリストの斉藤久美さんを師事
その後、国内セレクトショップ、アクアガール、海外セレクトショップのオープニングセレモニー、そして70年以上の歴史を持つフランスのビッグメゾン、CARVEN(カルヴェン)とキャリアを積み重ねて来られました。
その後、結婚、出産を経てVELISTA(ヴェリスタ)にアサイン頂くことになりました。

経歴だけ見るとモードを得意とするスタイリングをイメージしますが、実はヴィンテージウェアを用いたスタイリングを得意としています。
ファッションにおいてモードの世界と言うのは、最も先端を走り、さまざまな自由を取り入れたスタイルを提唱している世界のようにイメージされていますが、そのスタイルは自由なだけに現実感のあるリアルクローズを見つけにくいという側面もあります。

長年のアパレル経験で培ったモードのマナーを理解しつつも元々ご本人が持っているヴィンテージのスタイルやメンズアイテムを女性らしく着こなす技術でミックスアップする感覚は秀逸。
ワークやミリタリーといったメンズライクな古着に女性が放つ凛とした空気感を持ち込ませるセンスはモードの世界での経験が活きているのだと思います。

今回画像で掲載したアイテム以外にもミリタリーのジャンプスーツやキューバシャツ、ラルフローレンのBDシャツなどもピックしています、それらを使ったカッコイイけど肩に力が入っていないリアルなスタイルが今、楽しいんですよね。

こう言う一筋縄ではいかない部分が大江さんの魅力的な個性になっています。

そんな魅力的な個性の大江さんがセレクトした洋服とVELISTAがセレクトする洋服との対比や組み合わせが面白いと感じてもらえると思います。

明日26日土曜日14時〜17時の時間帯だけになりますが大江さんにも店頭にお越し頂きますのでオンライン上でしか触れることが出来なかった大江さん独自のファッションセンスをリアルな場で体感してもらいたいと思います。

それと、もう一つお伝えしたいこととして、大江さんは主婦業をこなしながら自身の事業も運営された自立する素敵な女性。
現在、御結婚され主婦業をしつつも自身で社会に関わる何かをやってみたいと思いながらも行動できずにモヤモヤしている方がいらっしゃるなら是非、大江さんに会いに来てください。そして話してみてください。一歩踏み出す何かが見つかるかも知れません。

それにしてもVELISTA(ヴェリスタ)には様々な個性が集まっていますね。特に女性スタッフや女性ワーカーさんの活躍は素晴らしいし、とても有難いです。

それでは今週末の御来店お待ちしております。




CATEGORY

ARCIVE

Copyright(c) 2021 VELISTA