MENU CLOSE

【MAATEE AND SONS】至高のコートで春を粧う


MAATEE AND SONSから至高の春コートが到着しました。

結論から言いますと、

最高のコートです。

間違いありません。

某英国ブランドの70年代トラベルコートから着想を得たという今作。

おそらくGRENFELL(グレンフェル)ではないかと思います。

ロイヤルワラント(英国王室御用達)も授かっている

1890年創業のイギリスを代表するコートブランドです。

今回はそんな歴史あるブランドのコートをターゲットにしています。

大きめなマチ付きのフラップポケット、

両脇のハンドウォーマーポケットなど、

細かいディテールは当時のコートを再現しつつ、

カラーはBurberryやAquascutumを連想させる上品なベージュカラーに。

表地はコットン×シルクの先染めギャバジン素材。

シルクが入ることによって、コットンギャバと比べると、

滑らかさや光沢感が段違いです。

思わず飾っていたくなる美しさ・・・。

至高のコートの秘密はライニング(裏地)にも。

なんと200双糸のブロード生地となっています。

200とは要するに糸番手です。

糸は太さによって番号が振られています。

40~50番手が普通糸、60~70番手が細糸、

80番手以降が極細糸なんて言われております。

細い糸を紡績するには、高級な超長綿を使用する必要があります。

80番手すら極細と言われている中で、200番手がどれぐらい高級な糸か、少し御想像いただけるはず。

そんな超超超極細の2本の糸を撚って1本の糸にしているのです。これが双糸です。

糸の太さは100番手と同じですが、2本の糸で構成されるためより強度な生地に仕上がります。

さらにこの高級な200番手双糸を高密度に平織り(これがブロード)にするという、

まさに超贅沢な裏地になっています。

しかも春だからといって背抜きにしません。総裏です。

デザイナー松村氏もインスタグラムで言っていましたね。

「神は細部宿る」と。

まさに神がかった裏地となっています。

コットンながらもシルクのような佇まいに惹かれる人も多いはず。

(MAATEE & SONS) TRAVEL COAT – SAND

CATEGORY

ARCIVE

Copyright(c) 2022 VELISTA