MENU CLOSE

【シューズメンテナンスフェア】革靴の踵の減り、カビ対策は?

「シューズメンテナンスフェア」
革靴のメンテナンスは、されていますか?又は御済みですか?

間も無く梅雨が到来。衣替えの季節ですね。
5月中旬辺りから日中の気温が25℃を超えるようになり、洋服は初夏の装いに入れ替えた方も多いのではないでしょうか?

アッパーがカビだらけになる前に
湿度が78%〜80%まで上昇する日本の梅雨の時期は革靴にとって、とても危険な時期です。
洋服のように毎日洗濯することのない革靴は沢山の汗を吸い込んでいます。
シューズクローゼット(靴棚)の中は更に湿度が上がっているので汗を吸い込んだ革靴のアッパーやインソールにカビが生えやすい状況になります。

湿度が上昇する梅雨に入る前にアッパーのメンテナンスをしておくことは革靴を長く履き続けるためにはマストです!

踵の状態は大丈夫ですか?
そして見落としがちなヒール(踵)の減り具合。
知らず知らずにラバー部分が擦り減り、レザーソールの部分まで削れてしまっていませんか?
製法によってはオールソール交換になってしまう可能性もあり、非常に高額な修理代が発生してしまう事態になってしまいます。

上記のような事態にならない為に、革靴の出番が減る夏は一旦お休みの季節なので、このタイミングにメンテナンスをお勧めするフェアを開催します。

 

6月4日(土)〜6月29日(水)の期間にシューズの修理を御利用頂いた方には、以下の特典を御用意致しました。

1、ポイント2倍
2、2足以上は修理代10%OFF

修理代:2500円〜(修理内容、製法により異なります)

修理内容:ほつれ縫い、踵交換、ハーフラバー、オールソール交換、スニーカークリーニング、トゥスチール、、、

対象アイテム:革靴、スニーカー、ブーツ、ハイヒールなどシューズ全般
 ※他店舗で購入されたシューズもお受け致します、また様々なシューズに対応可能です、一度ご相談ください

(リペア事例)
フラテッリ・ジャコメッティのスリッポンのハーフラバー、ヒール交換

CATEGORY

ARCIVE

Copyright(c) 2022 VELISTA