MENU CLOSE

【Paraboot】夏の足元に大人の品格を。


いよいよ近畿も梅雨入りが発表されましたね。

少し前までカラッとした暑さでしたが、日本らしいジメジメとした蒸し暑い季節がやってきました。

そんな蒸し暑い中でも、足元は綺麗に見せたい方にぴったりなアイテムが入荷です。

Paraboot(パラブーツ)のPACFIC(パシフィック)

フランスを代表する老舗メーカーより、ここ近年グッと人気を高めているグルカサンダルが届きました。

レザーテープを編み込むことにより、通気性にも優れたサンダルでありながらも、ドレス感漂わせるアイテム。

そのルーツは「ミリタリー」。

19世紀に英国陸軍が東インド会社の利権を守るために、

複数のネパール山岳民族から編成した部隊「グルカ兵」に支給された革靴が起源となっています。

つま先と踵を包み込み、しっかりとしたホールド力で長時間の歩行にも適した一足。

そんなミリタリー由来のレザーサンダルをパラブーツらしくモダナイズした「PACIFIC」。

その拘られたレザーサンダルをご紹介します。


まずはParabootといえばのラバーソール。

ヨーロッパではレザーか木製の革底しか選択肢が無かった時代に、

ラバーソールを広めたのがParaboot。

アメリカ人が履いていた雨天対応のラバーブーツを元に、

天然ラテックス(ゴム素材)を使用したラバーソールブーツを開発したことが始まりです。

天然ラテックスを100%使用し、独自のゴム配合でモデル毎にラバーソールを自社生産しています。

PACIFICに採用されたソールはSPORT。

その名の通り激しい動きにも対応できるよう、シャークソールのようなギザギザが特徴のスポーツ仕様のソール。

よく見てもらうと、ギザギザは同一方向にはなっていません。

前部分は中央のギザギザがつま先方面へ、その両側はかかと方面へと向いています。

後ろ部分は中央がかかと方面へ、両側はつま先方面と、前部分の逆。

この互い違いのパターンによって通常のシャークソールよりも優れたグリップ力を実現しています。

ソール中央には「Paraboot」のブランド名と、「SPORT」のソール名が。

正真正銘、ブランドオリジナルのラバーソールです。


続いてアッパー部分。

当店では2種類のレザーをチョイス。

“ノワール”(フランス語で”黒い”)は、ブランドの代名詞「リスレザー(LISSE LEATHER)」を使用。

LISSEとはフランス語で「滑らかな」という意味。名前の通りとてもきめ細やかな上質な表情です。

肉厚なカーフレザーにたっぷりとオイルを染み込ませているのが特徴で、ちょっとした雨なら平気なぐらいの撥水性を誇ります。

また血管の跡や傷跡がない部分を見極めてレザーを裁断することもブランドの拘り。

元々の素材がいいことから、ガラスレザーや安い革にオイルを塗ったものと比較にならない程、綺麗な光沢感を放ちます。

リスレザーは「フランスの宝石」と称されるほど美しいブランド独自の素材なんです。

重厚感のあるブラックカラーはエレガントな印象を与えてくれます

もう一色はグレインレザーゴールド。

グレインレザーとは、革の銀面(毛や表皮を除去した真皮の表面。なめした後の革の表皮)に、

揉みや薬品による収縮、型押しなど人工的な加工を施しシボ感を与えた革です。

滑らかなレザーと比較すると、その凹凸感が故に傷が付きにくく耐久性が高いのが特徴。

ゴールドと称された明るいブラウンカラーは、大人カジュアルに持ってこいな一足。

シボ感も相まって足元にいいアクセントを与えます。

最後にディテール部分をご紹介。

まずはインソール。

つま先から踵までホールドしてくれるアッパーのフィット感はもちろん、インソールのクッション性も優秀。

良質なレザーを使用しているので吸湿性や通気性にも優れ、

言わずもがなビニールやゴム素材のインソールと比べると履き心地は雲泥の差です。


続いてヒールの高さ。

PACIFICはメンズサンダルでは珍しい2.5cmと高めのヒール高。

ぺたんこのサンダルと比べてドレッシーでエレガントな印象をグッと高めてくれます。


アッパーとソールの接着はセメント製法。

ブランドといえばのノルヴァイジャン製法や、グッドイヤーウェルト製法は履き慣れた時の足馴染みは抜群ですが、

履き慣れるまで時間がかかることがやや難点・・・。

その反面、セメント製法は履き馴染みの速さと返りの良さが特徴なので、

着用期間が限られるレザーサンダルにセメント製法を採用することは理にかなっています。

もちろん生産コストも低いので、優れたコストパフォーマンスにも繋がっています。


最後にバックル部分。

写真で伝えられていないのですが、実はバックル裏にゴムが採用されています。

ストラップタイプの靴はその着脱のしにくさがデメリットとなりがちですが、

このParabootのPACIFICは痒いところに手が届く仕様に。

ベルトと皮を繋ぐ部分がゴムになっているので、伸縮性がありスリッポンのような感覚で着脱が可能となっています。


ロングレングスのボトムスとはもちろん、ショーツとの相性もいいグルカサンダル。

夏がメインになりがちですが、通常のサンダルに比べ肌の露出が控えめなので、

秋口は色物や柄物のソックスと合わせての着用もかなりオシャレです。

夏の装いに大人なエレガントさを加えてくれるParabootのPACIFIC、オススメです。

(PARABOOT) PACIFIC – GR.GOLD
(PARABOOT) PACOFIC – NOIR

山口

CATEGORY

ARCIVE

Copyright(c) 2022 VELISTA