MENU CLOSE

2022AW ts(s)のすすめ。


気がつけば12月も中旬。

2022年も残すところあと少し・・・。

1年最後のご褒美に、当店おすすめブランド「ts(s)」の2022AWアイテムを一挙にご紹介します!


それでは、まずはコチラから。

POLYESTER ARABESQUE PATTERN PRINT CLOTH QUILTED LONG VEST – BROWN

ts(s)お得意のベストシリーズ。

イタリア製のファブリックを使ったキルテッドベストです。


この柄が一番の特徴!

イスラム美術の様式の一つで、幾何学的な模様を反復して作られる「アラベスク柄」。

ヴィンテージのスキーウェアとかにありそうな、そんな雰囲気を感じる柄。

アイテムだけで見ると派手な柄に思いますが、

模様のトーンや色味に統一感があるので、着てみると意外と馴染みます。

主役はもちろん、アウターにオン、もしくはアウターにインなど、汎用性は想像以上に高いです!


店頭で試着してみて、いいなと思ったレイヤードスタイル。
(鏡で自撮りしたので、あまり綺麗な写真ではなくすみません。。。)

無骨なレザーシャツの中にきて、裾からチラッと柄見せ。

この日はレザーシャツに太めの色落ちしたデニムというシンプルな服装だったのですが、

こういったアイテムを差し込むだけで、グッとこなれ感というか、おしゃれ度が上がります。

無骨なアイテムにも馴染んでくれる秀逸さが◎

1枚持っていると間違いなくコーディネート幅が広がるアイテムです!


同素材でのコチラも渋い。

POLYESTER ARABESQUE PATTERN PRINT CLOTH LONG ZIP PULLOVER PARKA – BROWN

プルオーバータイプのジップパーカー。

いわゆるアノラックパーカーです。

先ほどのベストはキルティングだったのに対して、こちらは薄手のテロッとした生地。

ポイントは裾のドローコードで長さ調節ができること。

フルで伸ばすと・・・


こんな感じのかなり長めの設計。

ロング丈のアウターのインナーとして使う着こなしがカッコ良さそうです。

短くすると・・・


こんな感じに。

同じインナー・ボトムスでも雰囲気をガラッと変えることができます。

ベストか、パーカーか、両方か・・・

悩ましいですね。


続いては、僕がいま一番欲しいニット。

HAND DYED YARN MIX COLOR KNIT CREW NECK KNIT SWEATER – MIX

手染めの糸を使ったミックスカラーのクルーネックニット。

首元はモックネックまではいかないものの、結構詰まった感じ。

アルパカ混で保温性も高く、程よく目の詰められた生地はモチッと柔らかく心地よい手触りになっています。


なんといっても、やっぱりこのミックスカラー!

古着屋にありそうで、なさそうな、そんな絶妙なバランスの色合いに惹かれます。

「どの色を拾ってコーディネートを組み立てようか」

そんな想像力を掻き立てられる激渋ニット。

個人的には、40代以上のおじ様が着ていたら、より一層カッコイイだろうなあと思います。


メンズはもちろん、レディースがガバッと着ても可愛い・・・。

ユニセックスで様になる。にくいニットです。

とにかくアイテムが持つパワーが凄まじいニットです!おすすめ!


ニット繋がりでコチラもご紹介。

WOOL BLEND RIB JERSEY COLOR PANEL EASY CARDIGAN – WINE*BLACK FRONT

お馴染みのクレイジーパターンのVネックニットカーディガン。

この絶妙にダサい色合いが、イイ意味でカッコ良い。

正面から見ると、やや暗めなトーンでまとまっているんかな?

と思いきや・・・


バックはこの目が覚めるようなビビッドなピンクが一面に!

ブランドらしさが溢れるカラーリング。

このアイテムは個人的に、レディースにガバッと大きめに羽織って欲しいアイテム!

そういえば来週はクリスマス。

まだプレゼントを用紙していないメンズの皆様、いかがでしょう?


トップス続きなのでボトムスを!

GARMENT DYE STRIPE COTTON STRETCH CLOTH OLD STYLE BIB OVERALLS – BROWN

今季SSでもブログで推させてもらったオーバーオール。

素材違いで今季AWも登場です!

ピンストライプの渋いブラウンカラー。

製品染めで奥行きある色合いです。

オーバーオールって子供っぽい印象強いと思いますが、

ts(s)のそれは大人っぽく決まります。

今季AWのオーバーオールは色味も相まって更に渋さが増しています!

VELISTAのアトリエハーフコート
MAATEE&SONSのバンドカラーシャツ
足元はF.LLI GIACOMETTIのマルモラーダ

AURALEEのヘリンボーンパイルダッフルコート
AUBERGEのネストウェーブ
足元はZDAのクライマー

みたいな組み合わせはいかがでしょう!

子供っぽいイメージのあるアイテムをいかに大人っぽく着こなすか。

そんな事を考えるのが楽しいアイテムです!


同ブランドのコーデュロイのコーチジャケットを合わせていただくのも完璧◎

ジャケットやアウター類と相性の良いアイテムです。

ボトムスにマンネリ化している方にぜひオススメしたいアイテム!


長くなってきたので、最後はコチラ。

 INKJET PRINT POLYESTER FUR FLEECE CLOTH REVERSIBLE COAT LINER VEST – YELLOW & WINE MIX

定番のリバーシブルロングベスト!

今季はかなりパンチの効いたリバーシブル素材となっています。


表は密度の高いポリエステルのツイル生地。

ドライなタッチの淡いカーキカラーでミリタリー感のある雰囲気。

使い勝手が良さそうです。



対して、裏面はこの大胆すぎるファーフリース!

スパイシーで刺激あるインクジェットプリント。

アラベスク柄のアイテムと同様に、スキーウェアを連想するような雰囲気です。

「この相入れなさそうな2素材をリバーシブルで提案してくるんか・・・!」

展示会でそんな衝撃を受けた1着です。



ブランドのルックでは同型色でまとめ、玉虫色のコートの上にベストをオン。

裏側の派手なフリースをチラッと見せる。

渋い・・・かっこいい・・・。

ts(s)のロングベストは、コートやジャケットの上にオンすると、より魅力を発揮するアイテム。

着丈のバランスも良く考えられているなと感じます。

今季は僕は店頭でベストをよくお勧めしてます。

主役もいける、インナー使いもいける、アウターにも重ねられるというように、

コーディネート幅がグッと広がるんです。


もちろんこちらのベストはコートのインナーとしても◎

差し色ならぬ、差し柄ですね。

「いやー、このファーフリースの方は着こなせる気がせえへんな・・・」

そう思う方もいらっしゃると思います。

正直、気持ちはめちゃくちゃ分かります(笑)

でも、ある意味それを悩むのもファッションの醍醐味の一つかなと。

ts(s)からの着こなしてみろ!という挑戦状というか。

大胆な柄ゆえに、大胆なコーディネートが組めるということもあるはずです。

今週末17日(土)店頭立ちますので、チャレンジしてみたい方、ぜひ一緒に悩みましょう!

今回はts(s)のおすすめアイテム紹介でした。

ご紹介できていないアイテムもあるので、ぜひぜひ店頭へ。

・TS(S)POLYESTER ARABESQUE PATTERN PRINT CLOTH QUILTED LONG VEST – BROWN
・TS(S)POLYESTER ARABESQUE PATTERN PRINT CLOTH LONG ZIP PULLOVER PARKA – BROWN
・TS(S)HAND DYED YARN MIX COLOR KNIT CREW NECK KNIT SWEATER – MIX
・TS(S)WOOL BLEND RIB JERSEY COLOR PANEL EASY CARDIGAN – WINE*BLACK FRONT
・TS(S)GARMENT DYE STRIPE COTTON STRETCH CLOTH OLD STYLE BIB OVERALLS – BROWN
・TS(S) INKJET PRINT POLYESTER FUR FLEECE CLOTH REVERSIBLE COAT LINER VEST – YELLOW & WINE MIX

お待ちしております!

山口

 

CATEGORY

ARCIVE

Copyright(c) 2022 VELISTA